イチオシ!! 全国うまいもの雑記帳

全国のピカイチグルメ、絶品お土産を紹介

神戸空港の新名物 うまいいかとうまいたこ

使い勝手が良くて、コンパクトな神戸空港

f:id:foodtarou:20181225230609j:plain

神戸空港と言えば、最近では関西への観光客が数多く利用していると聞きます。

人気の理由。憶測ですが、まず、就航便がスカイマークなので安い、というのが大きいと思います。JALANAの半額で乗れる場合もあるので、とても魅力的です。

そして、駅とダイレクトにつながったモノレールに乗れば、神戸市の中心地である三ノ宮駅まで約30分で着いてしまうのも好ポイントでしょう。さらに、三ノ宮駅からJR線か阪急電車に乗り換えれば、大阪駅まで30分程度、京都方面(JR京都駅、阪急河原町駅)まで約1時間で行けてしまうので、関西旅行を考えれば、ここまで使い勝手のいい空港はありません。

f:id:foodtarou:20181226234223j:plain

あと、意外と神戸空港の中が面白い!

就航便はほぼスカイマークANAなので、そのぶん空港がたいへんコンパクト。発券場、手荷物検査場、搭乗口、売店が全て視界のうちに入りますから、迷子になりませんし、移動も大変スムーズになります。

先述したモノレール(ポートライナー)への乗り継ぎも、伊丹空港羽田空港に比べると、格段に楽。モノレール下車後、3~4分くらいで発券場に着きます。

f:id:foodtarou:20181225232047j:plain

旅行の最後の仕上げとなるお土産も、空港直営店が向かい合わせに2軒あるだけなのに、買いたくなるアイテムはしっかり揃っています。

 

神戸と言ったら、やっぱりスイーツ!

神戸と言えば、まず思い浮かぶのは神戸プリンでしょう。神戸空港には、いつ行っても神戸プリンが山のように積んであって、しかも飛ぶように売れています。私もよく買いますが、ありきたりなようで他と全然違う上品な甘さ、滑らかな触感がたまりません。

 

神戸プリン 6個入り

神戸プリン 6個入り

 

 最近は「神戸魔法の壷プリン」なんてものも見つけました。以前、森長という会社の「半熟生カステラ」という商品を紹介しましたが、冷蔵庫でゆっくり解凍して食べると美味しかったり、あと3つの味が楽しめたりするなど、両者は非常に似ています。

ちなみに壷プリンの3つの味とは、濃厚カスタードのプリン、上品な甘みのクリーム、底部のカラメルソースの各々のこと。この別々の美味しさが、まるで口の中でとろけるようにブレンドされるんですね。絶品です。

 

江戸時代以来の老舗 樽屋五兵衛の超逸品

甘いものばかり紹介したので、お父さんがビール片手に美味しく頂けるものも紹介しましょう。“兵庫津 樽屋五兵衛「うまいっ!たこ」と「うまいっ!いか」”です。

f:id:foodtarou:20181227220818j:plain

冠名の樽屋五兵衛は、生産者である協和商事株式会社さんの旧社名で、何と創業は文政年間。

そう、何とメーカーの協和商事さんは江戸時代から続く会社なのです!

www.hyogonohanashi.com

 

皆さんもご存知かと思いますが、神戸は平清盛によって世界でも指折りの貿易港として発展を遂げ、中世には重要な戦略拠点として存在感を高めてきた天下の要衝。 

やがて、徳川家康が天下を治め、商い中心の世の中がやってくると、地の利の高い神戸で商業が活発化し、漢方医・両替商・造船・マッチ等商いなど様々な事業で成功を納めていた樽屋五兵衛が、群雄割拠の実業界において、その名を轟かせるようになったのです。

神戸の歴史ノート

神戸の歴史ノート

 

ところが、昭和の初めになって突如、樽屋五兵衛は解散します。新たに海産物卸問屋としての協和商事株式会社を立ち上げ、再スタートを切ったのです。まさに時代の変化に合わせた素早い対応だったと言えるでしょう。

そして新生・協和商事さんは、兵庫県産の「いかなご」に注目。これに高知産生姜、醤油・みりん、日本酒を加えて炊き上げ、「いかなごくぎ煮」として売り出したところ、空前の大ヒットとなり、同社の業績は大幅アップ。兵庫県を代表する会社にまで成長しました。

f:id:foodtarou:20190106005417j:plain

いかなごくぎ煮

その後も阪神大震災など様々な悲運に見舞われましたが、それらのピンチを社員一丸で乗り越え、平成20年には初心に立ち戻って「樽屋五兵衛」の名前をブランドとして復活させたのです。

それにしても、さすが江戸時代から受け継いできたノウハウを持つ会社です。それぞれの商品がとても美味しく、またオンリーワンの特徴を持っています。

f:id:foodtarou:20190106005813j:plain
f:id:foodtarou:20190106005838j:plain
f:id:foodtarou:20190106015426j:plain


神戸空港のお土産売店で発見した「うまいっ!たこ」と「うまいっ!いか」も絶品で、何とお値段は大変リーズナブルな500円+税。

おやつ感覚の干物とは思えないほど、身はしっとりぷりぷりしていて、一度口にするとなかなか止められません。歯ごたえを楽しむならタコ、酢っぱい大人の味を楽しむならイカということで、ぜひ食べ比べをお勧めします。

なお、神戸空港に行かなくとも、下記の協和商事さんのサイトから直接購入することもできますので、お試しあれ。

https://www.kobe-tarugo.com/souvenir-item

伝統の職人技! 和菓子もさすがの松翁軒

歴史が生んだ 松翁軒 和菓子調進所

前回ご紹介した、長崎カステラ御三家の一つ、松翁軒(しょうおうけん)。

このカステラの超老舗が、和菓子屋さんをやっていることをご存知ですか?

今回は松翁軒さんの生命とも言うべきカステラが全く置かれていない不思議なお店、「松翁軒 和菓子調進所」について書いてみたいと思います。

www.shooken.com

 

情報が氾濫する現代においても、カステラの製法を熟知している人の数は少ないですよね。おうちでケーキやクッキーを焼く女子はいても、カステラをしょっちゅう作る人なんて、そうそういません。

江戸時代から戦後にかけてはなおさらでした。まさに門外不出の秘伝のようなもの。

そこで、昔は全国の菓子職人がカステラの作り方を学ぼうと長崎を目指し、松翁軒の門を叩いた、と伝わっています。

私も詳しく調べていないので推測に過ぎませんが、江戸時代に江戸、京都、大阪、徳島、秋田、と言った場所で独自のカステラ文化が花開いたのは、松翁軒さんをはじめ、長崎の店舗からしっかりした技術が伝わったため、と見ています。例えば秋田県豆腐カステラは、昨今の尖ったセンスのお店が編み出した奇抜商品ではなく、江戸時代から伝わるれっきとした伝統菓子ですが、カステラの製法をしっかり学んだうえで、風土に沿って独自の発展を遂げたことが見てとれます。

すなわち、松翁軒は長崎に伝わったカステラ製法を全国に伝播させた大功労企業と言えます。しかし、伝えた側の松翁軒にもメリットはありました。

実は、全国から集まった職人は有象無象の集団ではありません。全国の名だたる菓子店の看板を背負ってやってきた、まさに腕利きの職人たち。彼らはカステラづくりを教えてくれたお礼にと、自社の和菓子のレシピを遺していきました。

これは大変な財産です。

しかも、松翁軒が偉かったのは、それらのレシピを丸パクリして大儲けしたりはせず、あくまでカステラや菓子の製法のノウハウとして蓄積していったところにあります。

明治年間に考案され、現在でも多くのファンに愛されている「チョコラーテ」も、こうしたノウハウがフルに活用されて生み出された逸品と言えるでしょう。

f:id:foodtarou:20181212234221j:plain

 

他にも、長い歴史の中で松翁軒さんが作り上げたカステラ以外のお菓子、江戸時代の職人たちの心意気が伝わるような商品はたくさんあります。

例えば、松翁軒さんの浜町アーケード店に行くと、水菓子やジュレ、栗を使った和菓子など、多種多様な商品に巡り合えます。

ただし、それらはこれまで、主役のカステラを引き立てるような役回りだったのですが、2017年の11月、ついに松翁軒本店の近くに「松翁軒 和菓子調進所」なるお店がオープンし、ようやくカステラ以外の松翁軒の逸品たちがスポットライトを浴びることになりました。

f:id:foodtarou:20181224211145j:plain

調進所という名前の響きが良いですね。場所は松翁軒本店の斜め向かい...と言っても分かりにくいでしょうが、有名な眼鏡橋を眺めながら国道の方に歩いたら見つかります。

なお、長崎駅前から路面電車で移動の際は、蛍茶屋ゆきに乗り、市民会館停留場という所で降りたらすぐです。

f:id:foodtarou:20181224215442j:plain

お店に入ると、綺麗なお姉さんの丁寧な接客に迎えられます。店内は明るく広々として、とても清潔。お菓子も見やすく並んでいて、さすがと思いました。

f:id:foodtarou:20181224220120j:plain

まず目に留まったのは、カウンターの美しく上品なお菓子。

f:id:foodtarou:20181224220315j:plain

左側。黄色の、虎柄のような栗どら焼き。

右側。栗きんとん餡の栗まんじゅう。

もはや工芸品のようないでたちです。そして、季節の栗の甘味、上質の餡とが織りなすハーモニーは絶品というしかありません。

f:id:foodtarou:20181224221051j:plain

それとびっくりしたのは、店内の試食コーナーに惜しげもなく、松翁軒じまんのどら焼きが置いてあったことです。

見てください!綺麗に切り分けた美しい焼き色のどら焼き!

びっくりするほ美味しかったので、このどら焼きを買って帰りました。

f:id:foodtarou:20181224221955j:plain

松翁軒さんの紙袋。すごくユニークですね。

さっそくお楽しみのどら焼きを取り出します。

f:id:foodtarou:20181224222107j:plain
f:id:foodtarou:20181224222119j:plain

ちょっと反射がきつくて見づらいでしょうが、大変丁寧な包装で、こだわりのあるどら焼きというお店の想いが伝わってきます。

裏をひっくり返すと、原材料が表示されていました。砂糖・小麦・卵・小麦粉・はちみつ・水飴。ここまではカステラと同じ。

他にみりん、寒天、トレハロース、膨張剤。みりんとは、ちょっと意外ですね。

f:id:foodtarou:20181224222330j:plain
f:id:foodtarou:20181224222335j:plain

いよいよどら焼きを袋から取り出すと、何と透明プラケースが防御していました。とても嬉しい心遣いじゃありませんか。そしてケースをパカッと開けると、こんがりした色合いの、まんまるしたどら焼き様が登場。

f:id:foodtarou:20181224222520j:plain

お世辞でも何でもありません。このどら焼き、めちゃくちゃ美味しいです。

生地は繊細かつ非常にしっかりしているのに、ふんわり食感。また、カステラのような独特の香りが素晴らしく、餡の上品な甘さと抜群の相性です。

まさに、たかがどら焼きと侮るなかれ。江戸時代に全国から馳せ参じた職人たちのいろいろな技術や想いが詰まったような逸品で、ふつうのどら焼きとは毛並みが違う、本物の和菓子です。すごい。

あと、九州住まいの特権ですが、このどら焼きを濃い上質の嬉野茶や八女茶と一緒に頂いたりした日にゃ、極上のティータイムを愉しめますよ、本当に。

というわけで、長崎観光の際は、ぜひ「松翁軒 和菓子調進所」にもどうぞ。

果てしないカステラの旅 第5回 チョコラーテの松翁軒

貫禄のカステラ御三家 松翁軒

私の拙いカステラ見聞記も、いよいよ御三家を紹介するくだりになりました。

ちなみにカステラ御三家とは、長崎県に本社を置く「福砂屋」、「文明堂総本店」、「松翁軒(しょうおうけん)」の3社のことを言います。

今日はそのうちのひとつ、松翁軒さんについて書きたいと思います。

f:id:foodtarou:20181212225747j:plain

ところで、松翁軒という名前をご存知の方は意外に少ないのではないでしょうか?

福砂屋と文明堂なら、全国のデパートやスーパーに出店していますので、知名度はわりと高いのですが、松翁軒は長崎と福岡にしか店舗がありません(平成30年12月現在)。

非常に限られたエリアで堅実に経営し、それでいてカステラのトップランナーに君臨し続けているのですから、とてもすごい会社だと思います。

そしてこの松翁軒、創業は何と天和元年(1681年)。徳川綱吉が将軍になったばかりの遠い昔に店を興し、日本におけるカステラの礎を築き上げた、老舗中の老舗です。

昭和時代に2度ほど倒産の危機を迎えますが、社員一丸となって血のにじむような経営努力を重ね、みごと復活。他社のような拡大路線は取らず、職人による手作りにこだわり、長崎にじっくりと腰を据えて美味しいカステラを提供してきました。

松翁軒と言えば、ノーマルのカステラも美味しいのですが、何と言っても一番人気は「チョコラーテ」です。今回、比較の意味も込めて、ノーマルカステラと一緒に購入してみました。

f:id:foodtarou:20181212232527j:plain
f:id:foodtarou:20181212232616j:plain

写真左は、長崎空港2階売店に置いてあるカステラとチョコラーテです。

拡大してみますと、パッケージには西洋画風の人物のイラストが施され、とても上品。お土産としてもセレブ風で見栄えがしますから、絶対相手に喜ばれるでしょう。

f:id:foodtarou:20181212233729j:plain

材料は非常にシンプル。カステラは卵・砂糖・小麦粉・水飴のみ。一方のチョコラーテは、それにカカオを混ぜただけのものです。

さっそく開封してみましょう。

f:id:foodtarou:20181212234128j:plain
f:id:foodtarou:20181212234133j:plain

 

f:id:foodtarou:20181212234215j:plain
f:id:foodtarou:20181212234221j:plain


まず、カステラの方。ぱっと見、キメが粗いのですが、口に入れた瞬間、あまりの美味しさにびっくりしてしまいます。

生地は十分にしっとりしていて、福砂屋さんほどではないですが、フォークを入れた時のじゅわっと感がたまりません。

底にはザラメがたっぷり付いていて、上部の見事な上品な甘みと合わさって、カステラを食べる幸せを感じてしまいます。さすが、江戸時代からカステラを磨き上げてきた本物の老舗の最高の逸品なだけはあります!

そしてお楽しみのチョコラーテ。

これは単純にチョコレートパウダーをまぶしたものではなく、カステラに合わせてわざわざ特注したチョコレートを使用。つまり、あえて大変な手間をかけて焼き上げた逸品なのです。

チョコレートの濃厚な甘み。そして底にはカステラと同じく、じゃりじゃりしたザラメの感触。この両者の出会いが、とんでもないリッチな美味しさをもたらしました。

さて、この素晴らしい松翁軒のカステラとチョコラーテの購入方法ですが、Amazonでは現在品切れ状態で、やはりお店のホームページから注文される方が無難でしょう。

www.shooken-shop.com

 

もし、長崎にいらっしゃった場合は、長崎空港2階、長崎駅アミュプラザ1階、長崎市内の眼鏡橋近辺にある本店、浜町アーケード内の店舗で購入できます。福岡では博多駅三越にもショップがございますので、そちらでもどうぞ。

 

果てしないカステラの旅 第4回 ちょいセレな気分 異人堂

プロも高評価の美味しさ 異人堂

長崎カステラといえば、「福砂屋」、「松翁軒」、「文明堂総本店」の3店舗が御三家と呼ばれ、売上やシェアも常に上位を占めています。

ところが実はもうひとつ、県民に古くから愛されている有名なカステラ屋さんがあります。

それが「異人堂(いじんどう)」さんです。

f:id:foodtarou:20181206221757j:plain

県外の方は、あまり聞き慣れないメーカーかもしれません。

しかし、長崎県民はかなりの割合でこのお店のことを知っています。

異人堂さんの創業は1950年。ちょうど以前ご紹介した和泉屋さんに先立つこと6年前に産声をあげています。本社工場は長崎市内からかなり離れた時津町という所にあり、ほか長崎市内に3店舗、県中央部の諫早市に2店舗、大村市に1店舗という構成です。

私の勝手な妄想ですが、異人堂さんは長崎市内激戦区での熾烈な競争に参戦しているというよりも、郊外のゆったりした敷地で観光バスを受け入れたり、県央地域の地域密着店として頑張っておられるイメージがあります。

古式ゆかしいカステラ専門店というより、マイカー移動で、ちょっとセレブ感のあるお土産、子供たちが喜ぶ品の良いお菓子を買いたい時、気軽に寄れる便利なお店、それが異人堂さんなのです。

今でも、長崎県の中央部に位置する諫早市大村市をドライブしていると、異人堂さんの大きな看板が目に飛び込んできて、そのインパクトは半端じゃありません。

下の写真を見てください。皆さん気づきませんか?

この大きな看板、実は色と形がカステラなんですよ。

f:id:foodtarou:20181206222203j:plain

最初気付かなかったのですが、ある時ふと「もしかしてカステラ?」とひらめいて、思わず笑ってしまいました。こういうセンス、とても好きです。

さて、お店に近づきますと、ウインドウにどら焼きの宣伝が貼ってありました。

f:id:foodtarou:20181206224333j:plain

異人堂さんのカステラに次ぐ名物はどら焼き。くりどらとかごまどらはめちゃくちゃ美味しいです。諫早で育った方なら、子供の頃、ちょっと特別な日に食べるお菓子として記憶に残っている方は少なくないと思います。

f:id:foodtarou:20181207005059j:plain

さて、店内に入ると、広々としてとても清潔。カウンターにはずらりと美味しそうな商品が並び、見ているだけで楽しくなります。

ところで皆さん、手前にポットが置いてあるのが分かりますか?

実は異人堂さん。お店で商品を買うと、必ずお茶とカステラのおもてなしをしてくれるんです。他のお客様がいたので切り取ってありますが、手前には長椅子があります。

卓の上はこんな感じ。

f:id:foodtarou:20181207005617j:plain
f:id:foodtarou:20181207005621j:plain

こういうのは本当にうれしいですね。

お茶も温かくて美味しいし、いくらでも召し上がれとばかりの提供スタイル。

柔らかくてフワフワのカステラを2切れも頂いて、大満足!

さっそく、カステラを1本買って帰りました。

f:id:foodtarou:20181208194536j:plain

f:id:foodtarou:20181208194620j:plain

異人堂さん、袋も箱の包装紙も大変オシャレです。金色の包装紙は大変珍しいですし、コストもかかると思うのですが、貰った方は嬉しいですよね。

f:id:foodtarou:20181208200912j:plain

箱から取り出しますと、大変見事な黄色の生地。そして丁寧に10等分に切れ目が入っています。

f:id:foodtarou:20181208201059j:plain
f:id:foodtarou:20181208201106j:plain

キメはそれほど細かくありませんが、かなりしっとりしていて、甘みも強いです。

あとひっくり返してみますと、ざらめも割と白い塊のまま出現していますので、シャリシャリ感を楽しみたい方には満足頂けると思います。

福砂屋さんのようにじゅわっとしたあの神秘の食感こそありませんが、パウンドケーキのようなカステラがお好みの方にも、しっとりした生地がお好きな方にも両方、愛される味かと思います。この辺りは、カステラだけでなく様々な和洋菓子を手掛けてきたノウハウが生きているんでしょうね。

ちなみに、一流ホテルのシェフから洋菓子店主に転身した、親しい職人の方に尋ねてみたところ、「福砂屋の次に自分が評価するのは異人堂だね。あそこのカステラはかなりレベルが高い。」とのことでした。

プロも一目置く異人堂のカステラ。ぜひ一度、お試しになって見られませんか。

 

▼異人堂さんのウェブサイトはこちら▼

カステラ本舗 長崎 異人堂

長崎 異人堂 カステラ 【580g】

長崎 異人堂 カステラ 【580g】

 

 

 

秋葉原の激うまラーメン 味噌太善

レトロな雰囲気漂う店内、でも味は若者ウケ間違いなし!

秋葉原と言いますと、大昔は無線愛好家とかオーディオマニアが集まる電気街として知られていましたが、その後、どういうわけか日本最大級のアニメファンの聖地に変貌を遂げてしまいました。


昭和時代の秋葉原電気街

 

しかも、最近ではAKB48が活動の拠点にするなど、徐々にアイドルらの情報発信基地にマイナーチェンジしつつあり、それがオタク以外の観光客や外国人も引き寄せて、ちょっと前のアキバのイメージが薄れてしまうくらい、綺麗で、多様な価値観が混ざり合うホットスポットになっています。

私も久しぶりに電気街口の方に出ましたが、昔の情景からは想像もつかないくらい様子が変わっていて、本当にびっくりしました。

AKBカフェにガンダムカフェ。そして正面にそびえ立つUDX

さすが秋葉原という印象と、ここが秋葉原?という驚きが交錯します。

一方、反対側の昭和通り口を出た風景は、昔ながらの秋葉原という感じ。

 改札を出ると、目の前にどーん、と高速の高架が立ちふさがり、その向こうにはいかにも昭和チックな飲食店が立ち並びます。

私が東京に出張の際は、晩はぼっち飯になることがしばしばで、そんな時はたいがいこの界隈のお店に立ち寄ります。手っ取り早いし、気兼ねしないし、安くてうまい。三拍子も四拍子も揃っているからです。

今年(平成30年)秋の出張の際も、晩御飯を食べるところがないかアキバを物色していたところ、昭和通り口を出てすぐのところに煌々と輝くラーメン屋さんの看板を発見!

f:id:foodtarou:20181205210035j:plain

「味噌太善(ミソタイゼン)」さん。

他のブログによると、もとは塩ラーメン専門店だったとか。その名も「塩たいぜん」(゚д゚)!。

まあ、美味しければいいのです。

時刻は日も暮れた19時すぎでしたが、すでに5人くらいが外で行列していました。これは期待大です。

f:id:foodtarou:20181205210413j:plain

待っていても暇なので、外にでかでかと掲げてあるメニュー看板をチェック。

すさまじくボリューミーでガッツリ系なのが分かります。最初、つけめんにしようか迷いましたが、ここはノーマルに味噌ラーメンに決定。

あと、ギョーザと半チャーハン両方行っとこうかと思いましたが、写真を見ているとさすがにそれは重いな、とビビってしまい、餃子のみを選択。

いろいろ考えているうちにお客さんがまとめて出てきたので、待望の入店。

店内はカウンターのみ。しかも、4席~5席しかないようなので、いくらラーメンの回転が早いとはいえ、行列は仕方ないといったところでしたね。

店内は非常に狭く、店主はカウンターの向こうの狭い厨房から出られない感じ。あと、2階があるようなのですが、客席があるのか、最後まで分かりませんでした。

ともかく、食券機から味噌ラーメンと手作り肉餃子を購入。

10分くらい待ちましたかね。

「おまちどおさま」の声とともに、優しそうな店主さんが味噌ラーメンを配膳。

f:id:foodtarou:20181205211641j:plain

もやしの量が凄い。しかも、もやしでかさ上げするようなせこい所業ではなく、ラーメン全体の総量がとても多いような気がします。これで野菜盛りとかスタミナ盛りとかになると、完食チャレンジ系のラーメンになるのでは?と心配になるほどです。

ちなみに、うす茶色い欠片はニンニクチップです。
実は、テーブルの上に揚げタマネギ、揚げニンニク、マー油が置いてあって、トッピング自由。私はもう寝るだけだったので、にんにくをたんまり乗せましたw

f:id:foodtarou:20181205212615j:plain

まずはスープをさっとひとくち。ん~うまい(^o^)/。

味噌ラーメンにしては白いスープで、ひりひり刺激するような辛さではありません。どちらかというと、まろやかな鶏白湯のような味わい。

これは、スープを牛骨で焚き上げているからだとか。とんこつは、九州を中心に今も大人気ですが、牛骨とは珍しい。しかし、とんこつ以上にまろやかさが出るんですね。

麺は太ちぢれ麺で、これがさっきのスープと絡んで本当に美味しい。チャーシューも、甘い辛いではなくて、程よい酸味が食欲を刺激します。本当に最高の一杯!

f:id:foodtarou:20181205213439j:plain

一緒に頼んだ肉餃子も手作りなだけあって、しっかりとした肉のうま味、焼き上がりの素晴らしい皮の歯ごたえ、そしてコストパフォーマンス最高のボリューム。

もう次のリピートは間違いなしですね。

皆さんもアキバ訪問の際は、ぜひ味噌太善さん、ご賞味あれ。

 

【メニュー 一覧 平成30年12月1日現在】
味噌ラーメン 690円
味玉 味噌ラーメン 790円
味噌チャーシューメン 890円
ネギ味噌チャーシューメン 990円
ネギ味噌ラーメン 790円
豚唐揚げ盛り味噌ラーメン 890円
野菜盛り味噌ラーメン 790円
スタミナ盛り 味噌ラーメン 890円
辛口味噌ラーメン 790円
味玉辛口味噌ラーメン 890円
辛口味噌チャーシューメン 990円
辛口ネギ味噌チャーシューメン 1090円
辛口ネギ味噌ラーメン 890円
豚唐揚げ盛り辛口味噌ラーメン 990円
野菜盛り辛口味噌ラーメン 890円
スタミナ盛り辛口味噌ラーメン 990円

 

 

果てしないカステラの旅 第3回 森長の半熟生カステラ

創業 寛政5年 おこしの老舗が生み出したカステラ

長崎カステラについて勝手気ままに書いているシリーズも早や3回目。

いい加減に福砂屋とか文明堂のことを書かんかい!とお叱りを受けそうですが、もう少々お待ちを...🙇

エビフライ定食が出てきたら最後まで海老を取っておく性分なのです...。

そんな感じなので、今回もまた御三家以外のカステラをご紹介します笑。

「森長」さん!

“もりなが”ではありません、“もりちょう”。

本店は、長崎市のお隣。干拓で有名になった諫早市にあります。

諫早。難読ですが、いさはやと読みます。

体操の内村航平クンの出身地と言ったら、「あー」と仰る方も多いでしょう。

有明海に面し、長崎本線大村線島原鉄道の3つのラインを結ぶ、交通の要衝です。九州では柳川と並び、鰻料理の本場としても知られていますね。

f:id:foodtarou:20181202231634j:plain
f:id:foodtarou:20181202231712j:plain

上の写真は、諫早市の中心部にある「北御門(きたみかど)」さんというウナギ専門店で撮影したものです。

赤くてズシリと重い陶器を開けると、甘辛い出汁を吸った、柔らかい鰻が登場します。脂も乗って、絶品のお味です。

鰻って、種類や調理方法によっては骨が舌に刺さったり、実がゴムマリみたいに固かったり、結構NGなものに引っかかることもあるのですが(投資が大きいだけに痛い!)、北御門さんでそういう思いをすることはまずありえません。

本当にいつ食べに行っても、安定の美味しさなのです。

 

うなぎ割烹 北御門
うなぎ割烹 北御門
ジャンル:和食・割烹・うなぎ料理
アクセス:島原鉄道島原鉄道線本諫早駅 徒歩8分
住所:〒854-0011 長崎県諫早市八天町4-3(地図
周辺のお店のネット予約:
魚民 大村駅前店のコース一覧
いぶき地のコース一覧
やぶから坊のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 諫早×うなぎ
情報掲載日:2018年12月2日

 

そしてその北御門さんから歩いて数分のところに、かなり年季の入った建物が2軒、立っています。

ひとつが杉谷本舗(すぎたにほんぽ)。そしてもう一つが森長です。

f:id:foodtarou:20181203005400j:plain

f:id:foodtarou:20181203003942j:plain

どちらも諫早市を代表するおこしメーカー。

杉谷さんが1811年(文化8年)創業。森長さんが1793年(寛政5年)創業と言いますから、大したものです。

ご存知の通り、長崎県は坂の多い地形として知られます。長崎だけではなく、佐世保も同様です。

となると、平野部の諫早市では米作が盛んになります。現在でも「にこまる」という品種が広く流通していますが、諫早は江戸時代から有名なコメどころでした。

同時に、諫早は「シュガーロード」の宿場町でしたので、砂糖と余剰米がいつの間にかコラボレーションし、おこしづくりが始まったものと思われます。

【精米】長崎県産 白米 にこまる 5kg 平成30年産

【精米】長崎県産 白米 にこまる 5kg 平成30年産

 

今でこそ見かけにくくなりましたが、昭和の居間には、たいがい菓子箱におこしが入っていました。おばあちゃんも孫も、お茶と一緒におこしを口にしていたものです。

それが、チョコレートやコンビニスイーツなど、多種多様な美味しいお菓子が安価で手に入るようになった現代、もはや素朴なおこしは振り向かれなくなった、と言ってもよいかもしれません。

そんな苦境にあって、伝統を守り、淡々とおこしを作り続ける杉谷さんも森長さんも素晴らしいと思います。

ただし、両者とも今日では別の商品に活路を見出しています。そう、カステラ。

半熟生カステラ(メープル)

半熟生カステラ(メープル)

 

特に森長さんのほう、変わっていますよね。

実はこれぞ森長さんの超ヒット商品、半熟生カステラなのです。

f:id:foodtarou:20181203000553j:plain
f:id:foodtarou:20181203000619j:plain

箱はプラモが入りそうなくらい大きめのサイズです。デザインも貰ったら嬉しい感じになっています。

普通のカステラと違いますから、保存や食べ方もやや慎重に。説明書きにしっかり目を通しておきましょう。

ちなみに今回購入したのはプレーンタイプ。

f:id:foodtarou:20181203001018j:plain
f:id:foodtarou:20181203001040j:plain
f:id:foodtarou:20181203001051j:plain

箱から取り出すと、結構大きい(゚д゚)!

特に切れ目も入っていませんから、デコレーションケーキのように丁寧にナイフを入れていきます。予想以上に厚みがありますよ。

f:id:foodtarou:20181203001305j:plain
f:id:foodtarou:20181203001309j:plain

型崩れ防止の紙を取り外し、ピースを取り外したら、上の写真の感じ。

何となく層に分かれているのが分かりますか?

食べてみたら本当に不思議な感じがするのですが、従来のカステラみたいな食感、半熟たまご焼きのような食感、そしてハードに焼きあがった食感。3層くらいあります。

岩永梅寿軒さんの章でも書きましたが、これはポルトガルから最初に伝わったカステラの元祖、パンデローにヒントを得た焼き方なのだそうです。ひとくち食べてみて、ちょっとカステラとは結び付かないような印象ですが、パンデローと言われれば納得です。

f:id:foodtarou:20181203002114j:plain
f:id:foodtarou:20181203002119j:plain
f:id:foodtarou:20181203002123j:plain

グルメの写真としてはどうかと思いましたが、より分かりやすいようにストレートに外側を崩してみました。この半熟感、すごいでしょ?

肝心のお味ですが、福砂屋さんのカステラみたいなしっとり生地を期待されると、「?」という感じになるかもしれません。まるでこの世に初めて出てきたお菓子という感覚で食べると、あっさりとした甘さに濃厚な卵の風味が絡み、それでいて素朴な風味が食欲をそそります。戦国武将が舌鼓を打った「パンデロー」もこんな感じだったのかなあ、と感慨にふけりますね。

ところでこの半熟生カステラ。冷凍庫から冷蔵庫に移してやんわり解凍させる食べ方ですから、ちょっとタイミングにコツが要ります。私はあまり溶かさないで、固めの状態で食べるのが好きですが、わりと普通のカステラに近い柔らかさで食べるのが良いという方もいらっしゃいます。こういうところも、食べる楽しみがあってよいですね。

 

なお半熟生カステラ、通販でもお買い求め頂けますし、JR長崎併設・アミュプラザ長崎1階お土産コーナーに森長さんの店舗があります。

しかし、もし機会がありましたら、趣のある諫早本店に足を運ばれるのもよいかもしれません。杉谷さんや北御門さんのウナギもあわせてどうぞ。

 

アルプスを眺めながら信州そばを食す

長野県の雄大かつ風光明媚な景色に感動

むかし、「8時ちょうどの~ あずさ2号で~」という歌が流行りましたね。

狩人でしたっけ?

あずさ2号

あずさ2号

 

私はこの曲はリアルタイムでは知らなくて、「ひょうきん族(こちらも古いか笑)」のぼんち・おさむ師匠のネタでよく聞いていました。

ちなみに「あずさ2号」とは、関東圏の方ならご存じだと思いますが、東京から長野に出る際に乗り換えなしで行ける、特急列車の名称です。

f:id:foodtarou:20181127124953j:plain
f:id:foodtarou:20181127125155j:plain

ただし今回、私が新宿駅から朝の8時に乗車したのは、「あずさ2号」ならぬ「スーパーあずさ5号」松本行き。度重なるダイヤ改正と列車の最新化で、「8時ちょうどのあずさ2号」は、現代ハイテクの粋を尽くした「スーパーあずさ」に姿を変えていました。

そんなスーパーあずさに乗車し、心地よいシートに腰を掛けて約2時間ほど。

車窓が長野県の雄大な山々をとらえ、いかにも涼しげな景色が目の前に広がってくると、そこは私にとって初めての訪問となる信州でありました。

降りたの茅野という駅。そこでレンタカーを借り、まずはかねてより知人から勧められていた杖突峠・峠の茶屋「風聲庵」(ふうしゅうあん)を目指します。

f:id:foodtarou:20181128111050j:plain

 

茅野駅から車を飛ばして30分ほど。

いかにも趣のある古民家のような建物が現れます。ここが「風聲庵」。

澄み渡った青空で空気も美味しく、周りは絶景。感動で言葉が出ません。

ちなみに、長野県は山々に囲まれていますので、「峠の茶屋」はここ以外にもたくさんあります。

しかし、「風聲庵」から見下ろす景色はひときわ素晴らしい気がします。

f:id:foodtarou:20181128111651j:plain

f:id:foodtarou:20181130173142j:plain

f:id:foodtarou:20181128111308j:plain

前面に広がるのは有名な八ヶ岳。2,500m級の山々が連なります。

さらに、「風聲庵」のある杖突峠の後方にあるのが、高遠地区。

歴史にお詳しい方はピンときたでしょう。そう、高遠は信濃の勇将・武田勝頼織田信長によって滅ぼされた悲劇の地としても知られます。

それだけではありません。杖突峠から望むことができる諏訪地区も、元は武田氏と非常に因縁の深かった諏訪氏の所領であり、「風聲庵」はまさに壮絶な戦乱の歴史を今に伝える場所に存在しているのです。

新装版 武田信玄 風の巻 (文春文庫)

新装版 武田信玄 風の巻 (文春文庫)

 

歴史ロマンに胸をときめかせながら、とりあえず「風聲庵」に入店。

見晴らしの素晴らしい客席に腰を掛け、メニューに目を遣ると、彩り五色蕎麦、五平餅と蕎麦、高遠蕎麦、すんき蕎麦などが書いてあります。

私は彩り五色蕎麦を注文。

冷たい信州そばにとろろや山菜など、5種類のヴァージョンが楽しめるものです。

お蕎麦ののど越しの良さ、素朴だけど味わい深いツユの組み合わせが絶妙で、さらに様々な具が愉しめるという、この上なく満足感の高い逸品でした。

おかげさまで、外の素晴らしい景色を眺めながら、ゆっくりとお蕎麦を堪能し、他に代えがたい素敵なランチを楽しむことができました。

皆様にもぜひ、この信州そばは堪能して頂きたいところですが、長野はなかなかアクセスしづらい場所。食べに行くのも一苦労です。

 

「(・ω・)ノ いや、スーパーに行ったら信州そばなんてたくさんあるじゃん。」

またはそういう声もあるでしょう。たしかにスーパーの信州そばでも十分すぎるくらい美味しいですから、それで間に合います。

しかし、ここは本場・長野県の桝田屋さんというメーカーの信州そばをご紹介したいと思います。

桝田屋食品株式会社さんは、長野県飯山市にある製麺所さんで、創業は昭和33年。すでに50年以上が経っています。

うどんやきしめんなども手掛けておられますが、やはりメインは信州そば。

桝田屋 うまい信州そば 315g 8袋入れ

桝田屋 うまい信州そば 315g 8袋入れ

 

非常に本場の味に近いですが、本場で作っているのでそれはそうでしょう笑。

細麺ですがコシはしっかりしていて、つるつると行ける感じ。また付属のツユも濃厚な甘さで、好きな方は病みつきになってしまうかもわかりません。

まあ、ご自宅でこのクオリティのものを気楽に味わえるのは良いと思います。

オススメ!